タグ:認識論

  • ルネ・デカルトの『方法序説』を解説。デカルトの方法的懐疑は「『われ思う、ゆえにわれあり』を哲学のスタート地点(原理)としよう。これ以上確実で疑いえないことは存在しないからだ」というように、キリスト教の世界説明ではなく、世界の普遍的な共通了解を求める方法として編み出されたものだ。

    続きを読む →