『高校生のための哲学・思想入門』が出版されました

哲学者の竹田青嗣・西研の編著による『高校生のための哲学・思想入門』が筑摩書房より出版されました。高校での授業用の副読本です。古代ギリシアのプラトンから、現代フランスのデリダまで、哲学史をざっと見渡せる著作に仕上がっています。

本文とその解説をページの上下に並べる形式になっており、編集の方によれば、これは国内ではほぼ初めての試みだとか。取り上げられている哲学者を並べてみると、

  • プラトン
  • アリストテレス
  • ホッブズ
  • デカルト
  • ルソー
  • カント
  • ヘーゲル
  • キルケゴール
  • マルクス
  • ニーチェ
  • フロイト
  • ソシュール
  • フッサール
  • ハイデガー
  • ヴィトゲンシュタイン
  • プラグマティズム
  • アーレント
  • メルロ=ポンティ
  • レヴィ=ストロース
  • フーコー
  • デリダ

その他、ポイント解説として、中世哲学、イギリス経験論、ドイツ観念論、ポスト構造主義が分かりやすく解説してあります。高校生にとってはかなりレベルが高いように思います(いまでは当たり前?)。

執筆協力しました

1ページだけですが、マルクスの「人と思想」を担当しました。またとない機会になりました。錦とまでは行きませんが、故郷にハンカチくらいは飾れたんじゃないかと思います。

あ、実家に送らないと…。

関連記事(一部広告含む)