「シモーヌ・ヴェイユ選集」収録作品リスト

みすず書房の「シモーヌ・ヴェイユ選集」の収録作を一覧にまとめました。訳者は冨原眞弓です。

シモーヌ・ヴェイユ選集

  • シモーヌ・ヴェイユ選集1 初期論集―哲学修業

    • アランの教室にて
      1. 哲学
        • グリム童話における六羽の白鳥の物語
        • 美と善
        • 時間について
        • 実存と客体
        • 自由をめぐる断片
        • 魂と身体について
        • 〈詩〉と〈真理〉をめぐる論考の一部をなす、カントの註記についての解説
      2. 文学
        • スタンダールをめぐる論考
        • ヴィニーにおける〈自然〉の〈感覚〉
      3. レオン・ルテリエについて
    • 1929年の試論
    • 知覚について、あるいはプロテウスの冒険
    • 時間について
    • 多様な主題について
      1. 思考と事物
        • 所与と構築物
        • 主体と客体
        • 秩序という語の多様な意味
      2. 労働と権利
        • 仲介としての労働
        • 労働分業と賃金の平等
        • 権利の二律背反
      3. 職業の道徳的機能
      4. 断章
        • 習慣
        • フロイトについて
        • 精神の平等をめぐる問い
        • 道徳と宗教
        • 心理学と道徳
  • シモーヌ・ヴェイユ選集2 中期論集―労働・革命

    • 同時代時事論評
    • 学習委員会の余白に
    • 訓話
    • 搾取の諸様態
    • 身分制の残滓
    • 資本と労働者
    • 炭鉱訪問のあとで
    • ソヴィエト連邦とアメリカ
    • 書評 ドイツ革命の諸条件
    • 祖国愛にかんする諸考察
    • 勤労者の国際的祖国
    • 展望 われわれはプロレタリア革命に向かっているのか
    • 工場日記
    • 工場日記
    • 断片
  • シモーヌ・ヴェイユ選集3 後期論集―霊性・文明論

    • 文学・哲学・価値をめぐる論考
    • 価値の観念をめぐる省察
    • 哲学
    • 文学の責任について
    • 読みの観念をめぐる試論
    • 道徳と文学
    • オック語文明圏をめぐる論考
    • 一叙事詩にみる文明の苦悶
    • オック語文明の霊感はどこにあるか
    • 労働の霊性・宗教・文明をめぐる論考
    • 隷属的ならざる労働の第一条件
    • 神の愛と不幸
    • 神の愛をめぐる雑感
    • 神の愛をめぐる雑考
    • 最期の論考
    • 人格と聖なるもの
    • われわれは正義のために戦っているのか
    • この戦争は宗教戦争である
    • 断章と覚書(抜粋)
関連記事(一部広告含む)