「現代語訳親鸞全集」一覧リスト

講談社の「現代語訳親鸞全集」全10集のタイトル、収録作を一覧にまとめました。1958年から59年にかけて普通社から刊行された『現代語訳しんらん全集』の増補改訂版です。

親鸞は浄土真宗の開祖です。主著には『顕浄土真実教行証文類』(『教行信証』)や『浄土和讃』などがあります。『歎異抄』は弟子の唯円が編集した語録で、親鸞の死後に起こってきた異議に対して、師の真意を伝えようと試みたものです。

現代語訳親鸞全集

  • 現代語訳親鸞全集 第1集

    • 語録
      • 親鸞の語録について(亀井勝一郎著)
      • 現代語訳
        • 歎異鈔(今東光訳)
        • 口伝鈔(外村繁訳)
        • 執持鈔(辻亮一訳)
        • 改邪鈔(青江舜二郎訳)
      • 解説1 語録について
        • 歎異抄の著作についての問題(多屋頼俊著)
        • 歎異のこころと異端派(梅原真隆著)
        • 「歎異抄」と法然(増谷文雄著)
        • 執持鈔・口伝鈔・改邪鈔(禿氏祐祥著)
      • 解説2 歎異鈔の中心問題
        • 学問と信仰(谷川徹三著)
        • 宿業について(岩倉政治著)
        • 無礙の一道(稲津紀三著)
        • 誓願不思議と名号不思議ということ(岡邦俊著)
        • 「悪人正機」について(千輪慧著)
        • 自然とはからい(林田茂雄著)
        • 廻心について(アイドマン著)
        • 本願ぼこり(川上清吉著)
      • 原文注釈
        • 歎異鈔(藤秀璻ほか)
  • 現代語訳親鸞全集 第2集

    • 書簡
      • 親鸞の書簡について(赤松俊秀著)
      • 現代語訳
        • 末燈鈔(野間宏等訳)
        • 御消息集(書簡集)(藤原審爾・外村繁訳)
        • 拾遺御消息集(真蹟書簡)(今官一・小谷剛訳)
        • 恵信尼文書(恵信尼書簡)(円地文子・町田トシコ訳)
        • 血脈文集(知切光歳訳)
      • 解説1 親鸞とその周辺
        • 親鸞とその妻(二葉憲香著)
        • 親鸞とその子供たち(石田瑞麿著)
        • 親鸞の弟子たち(知切光歳著)
        • 親鸞聖人門弟の地理的分布(藤原猶雪著)
        • 書簡にみえる門弟とその門徒の動向(津本了学著)
        • とひたのまき(あまえしんのありか)(松野純孝著)
        • 越後に帰住した恵信尼(谷下一夢著)
      • 解説2 書簡の諸問題
        • 念仏者質疑の種々相(山下正尊著)
        • 諸仏とひとしということ(田中久夫著)
        • 悪は思うさまということについて(調円理著)
        • 親鸞の女性観について(梅原隆章著)
        • 自力と他力について(重松明久著)
      • 原文注釈
        • 末燈鈔(瓜生津隆雄)
        • 御消息集(藤島達朗)
        • 拾遺御消息集(真蹟書簡)(小串侍ほか)
  • 現代語訳親鸞全集 第3集

    • 短篇
      • 親鸞の短篇作品について(名畑応順著)
      • 現代語訳
        • 浄土文類聚鈔(石上玄一郎訳)
        • 浄土三経往生文類(知切光歳訳)
        • 尊号真像銘文(岩倉政治著)
        • 一念多念文意(三角寛著)
        • 唯信鈔文意(若杉慧著)
        • 往相廻向還相廻向文類(山本和夫著)
      • 解説 短篇作品について
        • 親鸞と三部経(横超慧日著)
        • 教行信証と浄土文類聚鈔の関係(桐渓順忍著)
        • 親鸞の仏教観について(工藤成性著)
        • 廻向について(福島政雄著)
        • 念仏より信心へ(井上善右ヱ門著)
      • 原文注釈
        • 浄土文類聚鈔(佐々木玄智)
        • 愚禿鈔(桐渓順忍)
        • 浄土三経往生文類(松原祐善)
        • 尊号真像銘文(石田充之)
        • 一念多念文意(池本重臣)
        • 唯信鈔文意(山本仏骨)
        • 往相廻向還相廻向文類(雲村賢淳)
        • 弥陀如来名号徳(藤原幸章)
  • 現代語訳親鸞全集 第4集

    • 伝記
      • 親鸞の伝記について(宮崎円遵著)
      • 現代語訳
        • 本願寺聖人親鸞伝絵(御伝鈔)(山岡荘八訳)
        • 報恩講式(花岡大学訳)
        • 嘆徳文(花岡大学訳)
        • 三河念仏相承日記(多田裕計訳)
      • 解説 伝記について
        • 親鸞在世の時代と社会(赤松俊秀著)
        • 親鸞の誕生と家系(中沢見明著)
        • 出家の動機と世相(藤原猶雪著)
        • 叡山における親鸞(佐藤哲英著)
        • 越後配流時代の親鸞(梅原隆章著)
        • 東国における親鸞(笠原一男著)
        • 回心の時期について(舘煕道著)
        • 帰洛後の親鸞一家(松野純孝著)
        • その後の関東教団と善鸞の異議(藤島達朗著)
        • 親鸞の入滅から覚如まで(里内徹之著)
      • 原文注釈
        • 本願寺聖人親鸞伝絵(御伝鈔)(禿氏祐祥)
        • 親鸞聖人正統伝(生桑完明)
        • 報恩講式(安井広度)
        • 嘆徳文(安井広度)
        • 三河念仏相承日記(細川行信)
      • 付録
        • 新修・親鸞在世略年表(家永三郎)
        • 親鸞聖人門侶交名牒・二十四輩名位之事(細川行信)
  • 現代語訳親鸞全集 第5集

    • 賛歌
      • 親鸞の和讃と偈頌(小野清一郎著)
      • 現代語訳
        • 正信念仏偈(大鹿卓訳)
        • 浄土和讃(薮田義雄訳)
        • 高僧和讃(長田恒雄訳)
        • 正像末和讃(大木惇夫訳)
        • 入出二門偈頌(吉野秀雄訳)
        • 聖徳太子奉讃(今官一訳)
      • 解説 讃歌について
        • 教行信証と和讃(名畑応順著)
        • 高僧和讃と七祖共通の思想的基盤(高峯了州著)
        • 親鸞と末法について(山田龍城著)
        • 親鸞の太子信仰について(花山信勝著)
        • 愚禿悲嘆と罪の意識(中村元著)
        • 親鸞の浄土観(曽我量深著)
        • 親鸞の現世利益(稲城選恵著)
      • 原文注釈
        • 正信念仏偈(篠田龍雄)
        • 三帖和讃(多屋頼俊)
        • 入出二門偈頌(山本正文)
        • 皇太子聖徳奉讃(生桑完明)
  • 現代語訳親鸞全集 第6集

    • 教行信証1
      • 顕浄土真実教行証文類について(結城令聞著)
      • 現代語訳
        • 教行信証1―顕浄土真実教行証文類序(青野季吉訳)
        • 顕浄土真実教文類1(教巻)(青野季吉訳)
        • 顕浄土真実行文類2(行巻)(本多顕彰訳)
      • 解説1 撰述について
        • 撰述の時期について(宮崎円遵著)
        • 撰述の経過について(笠原一男著)
      • 解説2 教巻について
        • 教の性格と真実教の意味(白井成允著)
        • 諸仏の称名と衆生の念仏(神子上恵龍著)
      • 解説3 行巻について
        • 大行について(稲葉秀賢著)
        • 称名と救い(川上清吉著)
        • 名号について(足利浄円著)
        • 不廻向の行(池本重臣著)
        • 名号の父と光明の母(星野元豊著)
        • 行の一念(小野清一郎著)
        • 本願一乗(加藤仏眼著)
        • 信行から行信へ(鈴木宗忠著)
      • 原文注釈
        • 教行信証1―顕浄土真実教行証文類序(安井広度)
        • 顕浄土真実教文類1(教巻)(安井広度)
        • 顕浄土真実行文類2(行巻)(金子大栄)
  • 現代語訳親鸞全集 第7集

    • 教行信証2
      • 現代語訳
        • 顕浄土真実信文類序・3(信巻)(結城令聞訳)
        • 顕浄土真実証文類4(証巻)(西村孝次訳)
      • 解説1 信巻について
        • 念仏と信心(藤秀璻著)
        • さとりとすくい(原随園著)
        • はからい心と真実の心(福原一来著)
        • 二種深信(金子大栄著)
        • 三心と一心(大江淳誠著)
        • 信の一念について(坂東環城著)
        • 菩提心(利井興弘著)
        • 真の仏弟子(梅原真隆著)
        • 如来の祈り(藤原凌雪著)
      • 解説2 証巻について
        • 浄土と涅槃(正親含英著)
        • 還相のすがた(源哲勝著)
        • 智慧・慈悲・方便(星野元豊著)
        • 念仏と禅(阿部正雄著)
      • 原文注釈
        • 教行信証2―顕浄土真実信文類序(大江淳誠)
        • 顕浄土真実信文類3(信巻)(大江淳誠)
        • 顕浄土真実証文類4(証巻)(宮本正尊)
  • 現代語訳親鸞全集 第8集

    • 教行信証3
      • 現代語訳
        • 教行信証3―顕浄土真仏土文類5(真仏土巻)(池田弥三郎訳)
        • 顕浄土方便化身土文類6(化身土巻)(仁戸田六三郎訳)
      • 解説1 真仏土巻について
        • 仏陀のさとり(曾我量深著)
        • 仏法不思議ということ(二村龍華著)
      • 解説2 化身土巻について
        • 三経の真意と方便(藤原凌雪著)
        • 三願と三経(結城祐昭著)
        • 三経の一致点と相違点(瓜生津隆雄著)
        • 他力への歴程序説(武内義範著)
        • 正行と雑行(安部大悟著)
        • 正業と助業(普賢大円著)
      • 原文注釈
        • 教行信証3―顕浄土真仏土文類5(真仏土巻)(稲葉秀賢)
        • 顕浄土方便化身土文類6(化身土巻)(普賢大円)
  • 現代語訳親鸞全集 第9集

    • 先学
      • 親鸞の先学たち(増谷文雄著)
      • 現代語訳
        • 往生浄土論(江部鴨村訳)
        • 往生礼讃(抄)(中野駿太郎訳)
        • 往生要集(抄)(小川龍彦訳)
        • 選択本願念仏集(抄)(寺内大吉訳)
        • 西方指南鈔(抄)(海音寺潮五郎訳)
      • 解説1 浄土教について
        • 阿弥陀仏について(羽渓了諦著)
        • 日本浄土教成立の背景(家永三郎著)
        • 法然門下に於ける親鸞教理の特色(石田充之著)
      • 解説2 先学人物論
        • 龍樹・天親(平川彰著)
        • 菩提流支・曇鸞(白川良純著)
        • 道綽・善導(小笠原宣秀著)
        • 空也・教信・源信(菊地勇次郎著)
        • 聖光・証空(田村円澄著)
        • 聖覚・隆覚(薗田香融著)
      • 解説3 親鸞教義と幸西・蓮如
        • 幸西と親鸞(村上速水著)
        • 親鸞と蓮如(山田亮賢著)
      • 原文注釈
        • 仏説無量寿経(柏原祐義)
        • 仏説観無量寿経(深浦正文)
        • 仏説阿弥陀経(宮地廓慧)
  • 現代語訳親鸞全集 第10集

    • 研究
      • 親鸞研究について(三枝博音著)
      • わが信念(清沢満之著)
      • 田原のお園(富士川游著)
      • 親鸞(三木清著)
      • 親鸞と宗教改革(服部之総著)
      • 親鸞の人間観と自由観(佐野学著)
      • 親鸞における「時」の問題(西谷啓治著)
      • 日本思想における親鸞(務台理作著)
      • キリスト教と浄土真宗(井上智勇著)
      • 歴史の意識と横超(唐木順三著)
      • キェルケゴールと親鸞(寺田弥吉著)
      • 真実の浄土と方便の化土(林田茂雄著)
      • 異安心の本質とその歴史性(本間唯一著)
      • 親鸞教と教育(唐沢富太郎著)
      • 即得往生義について(雲藤義道著)
      • 親鸞の倫理(遊亀教授著)
      • 親鸞と戒律(西本龍山著)
      • 非僧非俗について(雲村賢淳著)
      • 日本文学史上に於ける親鸞(橘純孝著)
      • 親鸞筆蹟の研究(小川貫弌著)
      • 浄土関係重要文献解題(柏原祐泉著)
      • 親鸞研究重要書目解題(細川行信著)
      • 親鸞関係著作一覧(北西弘著)
関連記事(一部広告含む)