「セネカ哲学全集」収録作品リスト

岩波書店の「セネカ哲学全集」全6巻の収録作を一覧にまとめました。編集委員は大西英文と兼利琢也の2人です。

セネカはストア派の哲学者であると同時に政治家でもありました。ローマ皇帝ネロの幼児期の教育者であり、治世初期にはブレーンとして活躍しましたが、クーデター計画に参与していたと見なされ、ネロに命じられて自殺に追い込まれました。

セネカ哲学全集

  • セネカ哲学全集1―倫理論集1

    • 摂理について(兼利琢也訳)
    • 賢者の恒心について(兼利琢也訳)
    • 怒りについて(兼利琢也訳)
    • マルキアに寄せる慰めの書(大西英文訳)
    • 幸福な生について(大西英文訳)
    • 閑暇について(大西英文訳)
    • 心の平静について(大西英文訳)
    • 生の短さについて(大西英文訳)
  • セネカ哲学全集2―倫理論集2

    • ポリュビウスに寄せる慰めの書(大西英文訳)
    • ヘルウィアに寄せる慰めの書(大西英文訳)
    • 寛恕について(小川正廣訳)
    • 恩恵について(小川正廣訳)
  • セネカ哲学全集3―自然論集1

    • 自然研究1(土屋睦廣 訳)
  • セネカ哲学全集4―自然論集2・補篇

    • 自然研究2(土屋睦廣訳)
    • 補篇
      • アポコロキュントーシス(大西英文訳)
      • 断片集(兼利琢也訳)
      • エピグラム集(大西英文訳)
      • 不幸の治療について(兼利琢也訳)
      • セネカとパウロの往復書簡集(兼利琢也訳)
  • セネカ哲学全集5―倫理書簡集1(高橋宏幸訳)

  • セネカ哲学全集6―倫理書簡集2(大芝芳弘訳)

関連記事(一部広告含む)