「バートランド・ラッセル著作集」収録作品リスト

みすず書房の「バートランド・ラッセル著作集」全14巻、別巻1の収録作を一覧にまとめました。1959年から60年にかけて刊行されました。

ラッセルはフレーゲと並び、言語哲学の創始者として知られています。教育学や政治運動の分野でも活躍しました。冷戦期の1955年には、物理学者のアインシュタインと共同で「ラッセル=アインシュタイン宣言」を発表、核廃絶と核の平和的利用を訴えました。

バートランド・ラッセル著作集

  • バートランド・ラッセル著作集1

    • 自伝的回想(中村秀吉訳)
  • バートランド・ラッセル著作集2

    • 自由と組織1(大淵和夫・鶴見良行訳)
  • バートランド・ラッセル著作集3

    • 自由と組織2(大淵和夫他訳)
  • バートランド・ラッセル著作集4

    • 神秘主義と論理(江森巳之助訳)
  • バートランド・ラッセル著作集5

    • 権力―その歴史と心理(東宮隆訳)
  • バートランド・ラッセル著作集6

    • 幸福論(片桐ユズル訳)
  • バートランド・ラッセル著作集7

    • 教育論(魚津郁夫訳)
  • バートランド・ラッセル著作集8

    • 結婚論(魚津郁夫訳)
  • バートランド・ラッセル著作集9

    • 人間の知識1(鎮目恭夫訳)
  • バートランド・ラッセル著作集10

    • 人間の知識2(鎮目恭夫訳)
  • バートランド・ラッセル著作集11

    • 西洋哲学史1(市井三郎訳)
  • バートランド・ラッセル著作集12

    • 西洋哲学史2(市井三郎訳)
  • バートランド・ラッセル著作集13

    • 西洋哲学史3(市井三郎訳)
  • バートランド・ラッセル著作集14

    • 西洋哲学史4(市井三郎訳)
  • バートランド・ラッセル著作集 別巻

    • 私の哲学の発展(野田又夫訳)
関連記事(一部広告含む)