「フィヒテ全集」収録作品リスト

晢書房の「フィヒテ全集」全23巻、補巻1の収録作を一覧にまとめました。1997年から刊行されており、第14巻は未刊です。

フィヒテ全集

  • フィヒテ全集1

    • 初期宗教論・啓示批判(阿部典子・田村一郎・湯浅正彦・大橋容一郎他訳)
      • 初期宗教論
      • あらゆる啓示の批判の試み
      • 復活祭旅日記
      • 関連書簡
  • フィヒテ全集2

    • 初期政治論
      • 眠れぬ夜の断想・プロイセン治下の諸国住民への呼びかけ・思想の自由回復の要求(井戸慶治訳)
      • フランス革命についての大衆の判断を正すための寄与(田村一郎訳)
      • フリーメイソンリーの哲学(井戸慶治訳)
      • 関連日記・書簡(井戸慶治・田村一郎訳)
  • フィヒテ全集3

    • 初期哲学論集(高田純・山脇雅夫・阿部典子・藤沢賢一郎・松本雅夫訳)
      • 真理愛について
      • 真理に対する関心の活性化と高揚
      • 『エネシデムス』の論評
      • 根元哲学についての私独自の考察
      • 実践哲学
      • 関連書簡
  • フィヒテ全集4

    • 初期知識学
      • 人間の尊厳について知識学の概念(隈元忠敬訳)
      • 全知識学の基礎(隈元忠敬訳)
      • 知識学の特性綱要(隈元忠敬訳)
      • 付録(隈元忠敬訳)
      • 関連書簡(阿部典子・藤沢賢一郎訳)
  • フィヒテ全集5

    • 言語論・解釈学・文学作品 道徳論講義(三重野清顕・高野昌行・熊谷英人・伊坂青司・竹島あゆみ・山田忠彰訳)
      • 修辞学・言語論・解釈学
      • 文学作品・雑誌計画・出版論
      • 文学書簡
      • 道徳についての講義
  • フィヒテ全集6

    • 自然法論(藤沢賢一郎・杉田孝夫・渡部壮一訳)
      • 知識学の原理による自然法の基礎(藤沢賢一郎訳)
      • カントの『永遠平和のために』論評(杉田孝夫・渡部壮一訳)
      • 関連書簡(藤沢賢一郎訳)
  • フィヒテ全集7

    • イェーナ時代後期の知識学(鈴木琢真・千田義光・藤澤賢一郎訳)
      • 新たな方法による知識学
      • 知識学への第一序論
      • 知識学への第二序論
      • 知識学への新叙述の試み
  • フィヒテ全集8

    • 論理学・形而上学講義(山口祐弘訳)
      • 論理学・形而上学講義
      • 神と不死の思想
  • フィヒテ全集9

    • 道徳論の体系(惣那敬三・高田純・藤澤賢一郎訳)
      • 知識学の原理による道徳論の体系
      • 道徳論への補遺としての禁欲論
  • フィヒテ全集10

    • 哲学評論・哲学的書簡(大橋容一郎・木村恵子・栗原隆・阿部ふく子・岸貴介・三重野清顕訳)
  • フィヒテ全集11

    • 無神論論争・人間の使命(久保陽一・伊古田理・量義治訳)
  • フィヒテ全集12

    • 一八〇一-〇二年の知識学(隈元忠敬・阿部典子・藤澤賢一郎訳)
      • 知識学の六年この方
      • 明白な報告
      • 知識学の新たな改作
      • 知識学の叙述
      • 関連書簡
  • フィヒテ全集13

    • 一八〇四年の『知識学』(山口祐弘訳)
  • フィヒテ全集14

  • フィヒテ全集15

    • 現代の根本特徴・幸いなる生への導き(柴田隆行・量義治訳)
  • フィヒテ全集16

    • 閉鎖商業国家・国家論講義(神山伸弘・柴田隆行・菅野健・杉田孝夫訳)
      • 閉鎖商業国家
      • 国家論講義
      • 国家論への付録
      • 「ビースターに対する」声明
  • フィヒテ全集17

    • ドイツ国民に告ぐ・政治論集(早瀬明・菅野健・杉田孝夫訳)
      • ドイツ国民に告ぐ
      • 「ドイツ国民に告ぐ」への付録
      • 政治論集
      • ドイツ人の共和国政治論断片
      • 祖国愛とその反対
      • マキァヴェッリについて
      • 聴講者に向けての講演
      • 書簡
  • フィヒテ全集18

    • 超越論的論理学・自然哲学(隈元忠敬・松本正男・木村博訳)
      • 超越論的論理学
      • 動物の本質解明のための諸命題
      • 動物磁気療法にかんする日誌
  • フィヒテ全集19

    • ベルリン大学哲学講義1(藤沢賢一郎訳)
      • 知識学概要(1810年)
      • 意識の事実(1810年)
      • 知識学(1812年)
  • フィヒテ全集20

    • ベルリン大学哲学講義2(隈元忠敬訳)
      • 意識の事実
      • 知識学入門講義
  • フィヒテ全集21

    • 社会哲学講義 (岡田勝明・座小田 豊・菅野 健・杉田 孝夫訳)
      • 神論・道徳論・法論の諸原理
      • 道徳論の体系
      • 法論の体系
      • 政治的著作の構想からの抜萃
  • フィヒテ全集22

    • 教育論・大学論・学者論 (隈元忠敬・阿部典子・石田三千雄・井戸慶治・松本長彦訳)
      • 学者の使命に関する数回の講義
      • 教育に関する箴言
      • エルランゲン大学の内部組織のための考案
      • 学者の本質と自由の領域におけるその諸現象について
      • ベルリンに設立予定の高等教育施設演繹的プラン
      • 学者の使命に関する五回の講義
      • 哲学部学部長としてのフィヒテの演説
      • 大学の自由の唯一可能な阻害要因について
      • 関連日記・書簡
  • フィヒテ全集 補巻

    • フリッツ・メディクス著「フィヒテの生涯」
      • フィヒテ著「自己検討の規則」(隈元忠敬訳)
      • フィヒテ著「イェーナ退去の弁明」(隈元忠敬訳)
      • フィヒテ著「両親・弟・妻への手紙」(隈元忠敬訳)
      • フィヒテ著「詩集」(井戸慶治訳)
      • フリッツ・メディクス「フィヒテの生涯」(隈元忠敬訳)
関連記事(一部広告含む)