「ロラン・バルト著作集」収録作品リスト

みすず書房の「ロラン・バルト著作集」の収録作を一覧にまとめました。2015年現在、第8巻が未刊行です。

『零度のエクリチュール』、『神話作用』、『物語の構造分析』、『テクストの快楽』といった代表作以外の論文が収められています。

ロラン・バルト著作集

  • ロラン・バルト著作集1―1942-1954

    • 文学のユートピア(渡辺諒訳)
  • ロラン・バルト著作集2―1955-1957

    • 演劇のエクリチュール(大野多加志訳)
  • ロラン・バルト著作集3―1957

    • 現代社会の神話(下澤和義訳)
  • ロラン・バルト著作集4―1958-1964

    • 記号学への夢(塚本昌則訳)
  • ロラン・バルト著作集5―1964

    • 批評をめぐる試み(吉村和明訳)
  • ロラン・バルト著作集6―1965-1970

    • テクスト理論の愉しみ(野村正人訳)
  • ロラン・バルト著作集7―1970

    • 記号の国(石川美子訳)
  • ロラン・バルト著作集8 - ロラン・バルト著作集9―1975-1977

    • ロマネスクの誘惑(中地義和訳)
  • ロラン・バルト著作集10―1978-1980

    • 新たな生のほうへ(石川美子訳)
関連記事(一部広告含む)