アーカイブ: 2014年11月

  • 本書でフロイトは、私たちの性的体制のあり方について論じている。本書の優れた直観は、幼児期から思春期にかけての両親との関係性が、私たちの感受性や身体性の形成に本質的な意味をもっているとする点にある。この直観はなるほどと思わせるものだ。

    続きを読む →