Philosophy Guides

最新記事

哲学早わかり

哲学者の主張にスポットを当てて、ポイントをシンプルに紹介します。

インド哲学

インド哲学は、古代インドに起源をもつ哲学の総称です。様々な学派がありますが、バラモン教の聖典ヴェーダに収録されているウパニシャッドを受け継いで発展した6つの有力な学派がよく知られています。

続きを読む →

カント

イマヌエル・カントは近代哲学のひとつの山場とも呼ぶべき哲学者。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』は三大批判書と呼ばれ、読み返すたびに新しい発見をもたらしてくれます。

続きを読む →

デカルト

フランス出身のルネ・デカルトは近代哲学の祖。「われ思う、ゆえにわれあり」はデカルトの代名詞と言っていいほど、多くの人びとに知られています。

続きを読む →

ニーチェ

フリードリヒ・ニーチェは、数多くいる哲学者のなかでも特に有名です。「ルサンチマン」や「永遠回帰」といった概念でよく知られています。生を肯定し、「よく」生きるための原理を置くことに一生をかけて取り組みました。

続きを読む →

プラトン

プラトンは古代ギリシアの哲学者。ソクラテスやアリストテレスと並んでよく知られており、哲学の歴史を代表する哲学者の1人です。イデア論や「洞窟」の比喩のほか、恋愛論など、いまなお確かに思わせる議論も数多くあります。

続きを読む →

ミル

ジョン・スチュアート・ミルは19世紀イギリスの哲学者。哲学だけでなく論理学や経済学などの領域でも優れた業績を残しました。『自由論』はミルの代表作としてよく知られています。

続きを読む →

ルソー

ジャン=ジャック・ルソーは、18世紀に主にフランスで活躍した哲学者です。ルソーが『社会契約論』で定式化した社会契約と一般意志の概念は、いまでも近代社会の基礎方針としての意義をもっています。

続きを読む →

ロック

ジョン・ロックは『人間知性論』で認識論のひとつの立場「経験論」を打ち立てました。一切の認識は私たちの知覚経験であって、それ以外のどこにも認識の根拠を置くことはできない。それがロックが言わんとするポイントです。

続きを読む →

詳細解読コーナー

必ず押さえておきたい哲学者から、ちょっとマイナーな哲学者まで、よく読まれている作品をピックアップし、トコトン掘り下げて「解読」します。

超コンパクトまとめシリーズ

「ざっくり解説で十分」「大学の課題レポートの締め切りが明日までなので何とかしたい」「細かい中身よりポイントを知りたい」という方向けに、できるだけコンパクトに解説します。

質問&解説コーナー

サイトに寄せられた質問に答えてみました。質問は随時受け付けています。

テクニックまとめ

哲学の考え方・勉強法からサイト運営まで、ちょっと役立つテクニックを紹介します。

参考資料まとめ

全集に収録されている著作・論文などに関する情報を、一覧にまとめて紹介します。

よく読まれている記事

サイトについて お問い合わせ サイトマップ